--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どうせだから持論を展開しようかと思う。だから長文。

2010年04月29日 16:00

dt11.jpg


思った事をそのまま書きなぐるので支離滅裂です。

ちゃんと衣装製作を自分でしてコスプレを始めたのが。。。。。。。中学2年です。
初コスはX-JAPANのドラムHIDEちゃん。
この俺が全身真ッピンクの衣装でライブに行った。
試行錯誤で型紙も使わずに、その辺に転がってるシャツやパンツを折り畳んで型紙代わりにして。
帽子はこれは身内じゃ有名な話ですが、型紙なんて無かったから
部屋にあった「ゴミ箱」を被ったらちょうど良くて、ソレを型にした。
もっと遡れば小学3年くらいかなぁ~確か。
来来キョンシーズって流行ってその中のコウウン(漢字すら忘れた)の衣装を
母に無理矢理作らせて着たのが初と言えば初かもしれん。
そこを機転にコス歴を考えると恐ろしい年月の黒歴史を持っている事になります。あはは。

中2から、彼が飛び立った直後までHIDEちゃんのコスを続けました。
そんなにレパートリーは無いし、写真も残してないし、中には買った物もお借りした物もあったけど
結構完成度は高かったと自負しております。
今やればそれ以上にクオリティの高い物が出来るもの分かってる。
でもそれが簡単に出来ない程思い入れが強いから、あの頃からHIDEコスは封印したままになってます。

HIDEコスを封印してからは8年?9年かな?Gacktコスをやり続けました。
その間も2次元はいくつかしたけど、圧倒的にガクコスが上回る。
1ステージでアンコールまで入れて大体4着のお召しかえ中、平均2~3着。
その間、シングルの衣装もやったから大体。。。。。30~40着の衣装が今もあります。
(実家にあるから正確な数が分からん)
合わせた衣装もいくつもあるし、合わせる事に大して抵抗が無くなったのもこの辺りからかな。
元々、ピンで出来るコスをしてたので合わせる事にそれ程興味がなかった。
とても嫌な考えなのは分かってるけど、合わせてるメンツの完成度が
ある程度の基準でそれぞれに近い物じゃないと充実感も無いし、
自分を卑下して終わってしまうとも思ってるので、余り合わせに興味が無かったのも事実。
社交辞令も含まれてるのは承知してますけど
「こんな残念クオリティな自分と合わせてくれて」とか「周りのクオリティが高過ぎて」なんて言う話を聞くと
だったら少しでもそこに近付こうとしないの?
そうしないと自分が今以上に楽しめないんじゃないの?面白く無いんじゃないかって。
周りがそんなにハイクオリティで、その中で自分が一番低い位置に居る事が
「分かってる合わせ」って楽しいのかって。
だって合わせの間中「自分は残念だ、並べない」って思って過ごす事になる訳じゃない?
それって自分を自分で卑下する時間以外の何物でも無いと思う。
そう言う気持ちが分かるからこそ、上がろうとするんだけどね。
前よりも上手く衣装や小物が出来ると嬉しいし、更に楽しくなれるし。

2次元でも3次元でも合わせると勿論楽しいし、出来上がった写真の迫力も全然違う。
合わせる際には、そのメンバーが好き!ダンサーが好き!だからやりたい!って言ってくれる人としかやらない。
最低基準に衣装が作れる事って言うのはあったけど。
俺がその期間に、自分以外の衣装にまで手を回す事が不可能だから作れないんだな。
その辺で、大分相方のお世話にもなった。
その時からなんだけど、一緒にやりたい!って思ってくれる気持ちを潰すのは絶対に嫌だ!ってのが出て来て。
実際、合わせてキャッキャッしてるのは楽しい。
その中に入りたいって人が居るなら、皆でバカやりたい!そう思う様になりまして。
楽しみたい!って思ってくれてるなら出来る奴がフォローすれば良いんじゃないかって。
ただ、如何せん、自分も手が回らない事の方が多くて、
少しでも早く終わらせて、他の人のフォローに回ろうとしていたけど
回り切れない事も多かったですけどね。不甲斐ないもんです。

出来ない事を無理矢理させて、納得が行かない物が出来るよりも
分かる人間がアドヴァイスして、良い物が出来る方が良いと思ってる。
そう言うのは嫌だ!自分一人で自分の手でやらないと気が済まない!って言う人はまた別の話ね。
そう言う人には何を言っても仕方が無い事は、経験上身にしみているので。
格言う自分も、基本的には自分の手でやらないと気が済まない人間ですし(^_^;;
もし相手に時間が無くて、俺には時間も知識もあるのなら代わりにやるのは間違いじゃないと思うんだ。
ただし、相手もそれで「イイ」と言ってくれた場合にね。
俺が持ってるスキルで問題ないと思ってくれてる場合。
お互いで補い合う事を前提としてるなら。
こちらだけが全部何から何までやるって言うんじゃ全然意味が違う。

合わせる時は個人プレーも必要だけど、協力し合う部分も必要だと思います。
出来ない事、出来る事、上手くやれる部分、苦手な部分。
そう言う所を補い合うから良い物が出来るし、作品に対する思い入れや、出来上がった思い出も大きくなる。
写真て形になった時に「ここまでやって良かった」「良い作品に出来た」って
自分が思えるかどうかが問題なんです。
それに、自分はとても嫌な生き物なので相手にも同レベルのクオリティを求める。
その為には自分がいくらでもお手伝いします。
最低な自己満足です。
良く言えば向上心が強くて、悪く言えば相手を信用してないのかもしれません。
お前はそんなに完成度が高いコスをしてると思ってるのか?!って思われると思います。
でも、自分もここまで行こうとするから、ここまで来てみない?って刺激し合うのは良い事だと思うんだよね。
そうやってハードルを上げていかないと、いつまでも上がれない。

後は単純に自分がやりたい作品があって、合わせしたい人が居てその人もキャラを気に入って
やっても良いと言ってくれた。
でも「ここが難しい」「これが作れないかもしれない」ってなったら
自分にそれが出来るスキルがあるんだから、やれば良いでしょう?
喜んでやりますよ。
だって良いもの作りたいし。作るの好きだし(笑)
そこで、「なんで自分が着る訳でも無いのに作るの?」って思うかもしれないけど
要はGive&Takeなんですわな。
自分は作れる、アナタはそれを着てくれる、持ってくれる。
俺にとってはそれで十分なんです。合わせをしてくれてるんだから。
だったら自分で作ってそれを人に着せれば話は早いんだが、そんな事がやりたい訳じゃない。
一緒にやりたいと言ってくれた人だから、提供するのであって
ただ着て欲しいから作るなら、衣装製作サイトでもやりますよ。
お互いで補い合って作って行ければ良いなぁ~と思うから作るだけ。
それをやったら、絶対にハマる!って分かってる人だから作るだけ。
勿論、相手にもフォローしてもらう所は多いし。
で、作ってる間にじわじわと作品に嵌めて行く訳ですね(笑)
出来上がる頃にはそのキャラが大好きになっていると言う罠です♪

休みの日の夕方になんでこんな事を書いてるかと言うと
こう言う事を書いてた友人に感化された+時間がある時じゃないとこんな支離滅裂文章は書けないから。

俺のやる事なんて大した事じゃないけど、
コスにはそれなりのプライドと自負を持ってるって事が言いたかっ。。。。。。。た?
黒歴史の長過ぎる妖怪をコレからも宜しく(笑)



期せずして、奴との縁が切れない事を呪いこそすれ喜ぶ素材にすらならねー。
なんだかねぇ~見守る側になったはずが、なぜか付かず離れずな距離に居るのは
少なくとも「俺の意思」では無く「奴との因縁か腐れ縁」としか思えない。
同じかよ、頭も色も。。。。。。。なんだかねぇ~
スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。