--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

沢山の

2008年12月13日 00:53

沢山の音と物と色と。
全ての中に「その色」が存在する。

それはその人にしか作り出せず、その人にしか分からない。
でも端から見たら「同じ色」
違う色と認識させる為には何かが必要。

その「何か」を見つける事が出来ない人。
その「何か」が分からない人。
その「何か」に気付けない人。

それを自分の物に出来る人だけが周囲に認められる。
自分の中に自分を持ち、揺るがない気持ちを持って。
柔軟な考えが必要な訳でも、周囲に迎合する訳でもない。
ただ認めて貰いたいのなら、自分に欠けている物と
向き合う必要がるのかもしれない。

一人の人間と向き合えない人間が他に何かを発信し受け入れてもらう事は出来ないと思う。

だから本当は人を隔ててはいけないのかもしれない。
俺にはそれが出来ないから凡人のままなのかもしれない。
逆に言えば周囲に溶け込むのを良しとしない
自分の存在を自分自身が認めてしまえば良いのかもしれない。

俺にとってはそれが問題。



スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://hackt.blog41.fc2.com/tb.php/463-04adab90
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。