--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

楽しかった

2008年09月18日 23:37

基本的に友達のライブには余り行かない。

なんだか分からんがどうしても音楽では無く「音」を聞いてしまう。

昔、どうしても見て欲しいと乞われて行って
終わった後に感想を求められて相当シビアな事を言った。
結局今のビジュアル系のバンドって近い音を出すバンドが多いから似たり寄ったりで
技術があるか、新しい事をするか、よっぽどヴィジュアルが良くない表には出ていけない。
見た目で行ける時代はもう終わってる。

逆にそう言うモノが揃っていても何処かに「歪み」があれば出られない。
そう言うバンドを沢山見てきた。
これでもバンドは小さい頃から見てきたし、音に関することはそれなりに見てきたから
耳だけは確かだと思ってる。
誰でもメジャーを考えてる訳では無いだろうけど、音楽で食べていくのは厳しい。
普通に会社に入って仕事してお金をもらえる訳じゃなく
自分で作ったモノを認めてもらってお金になる。
モノを作って世間に認められて行く事自体が厳しい。

前に一緒に仕事したバンドも音は良くても動員は増えなかった。
メンバーの人間性に問題があったからスタッフも付かなかった。
俺は音楽には一切口を出さないが
ヴィジュアル面には口を出す事を条件にサポートしてたからやりたい放題させてもらってたけど。
後は資金面がどうしてもきついんだろうな。
頭のキレるのが一人居ないと上手く回せないのかもしれない。

大抵のバンドは同じような「音」
個性的とは言いつつも何処かで聞いたことのある「音」
何も考えずに聞けるのは一般的なヴィジュアル系では無く
ただのロック的な要素が強い音楽。
ヴィジュアル系のバンドの良く居る「高い声」を「軽いベース」、主張しすぎるドラム
これが合わさるとどうしても中途半端に聞こえる。
それが苦手。

今日は珍しく友達のバンドのライブに行った。
ヴィジュアル系じゃないロックバンド。
まとまっていてとても聞きやすかった。
単純に楽しかったし。
もう一つ別のバンドも見たけど、全国行くだけあって上手。
まとまってたし。PAが良かったのもあるかもだけど。
それを差し引いても楽しめた。

大前提にXを置くからいけないんだけどさ。
分かってますよ、そんなこと。
でもあの高い声を聞いても違和感も嫌悪感もなく好きでいられるのは
やっぱり自分にとってXは特別だからなんだろうな。



私信
あのぉ~、一人居なくなったこと今朝気づきました。
ここ数か月付けた覚えが無いので、家の中から出ては居ないと思うんだけど。

探さな。。。。。。。


スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://hackt.blog41.fc2.com/tb.php/387-e9f141b5
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。