--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今後行くことは無いでしょ

2008年05月06日 22:44

RIZEのボーカルが言っていたこと。
全部覚えてる訳でもないんだけどさ。

二年前にばぁーちゃんが死んで、どこも悪くなかったじぃーちゃんが去年逝ってしまって
寂しくて死ぬ。そんな死に方もあるんだなって思った。
毎日嫌なことばかりで、それでも楽しく生きようとしてるけど
外見で判断されて、頭にくることだらけで
それでも生きようとする気持ちが1%、0.1%でもあれば生きられる。

確かにそうやって生き永らえた奴がここに居る。
あの10年前の自分は間違いなく死んでも良いと
死ぬもんだと思ってた。
それが自然だと、当然だと思ってた。

だから死ねなかった自分、死ななかった自分
なぜか「死」を考えなかった自分を


許せなかった。


あの時は死ぬって事自体がなぜか頭に浮かばなかった。
それどころじゃなかった。
何が起きたのかも解らなくて、何をすれば良いのも解らなくて
とにかく近くに行かないと、本当のことを確かめないと
それだけど考えてた。
半分は本気にしてなかったんだけど。

実際に行き着いた場所でも、これは大きなプロモーションで
棺なんて使ってるけど、もう少ししたらあの函から歌いながら


HIDEは出てくるんだ


ってずっと思ってた。
現実を目の当たりに見たときに色が消えた。
半年間、色のない世界。
文字通り、見る物に色は無くて医者に行っても原因がわからなくて
灰色の世界で生きてた。
視界から色が消えた。
色なんてもの無くてもどうとでもなるんだけど。
そんな事どうでも良かった。
自分の中のとても大切な「色」はもう無いんだ。

人は意外に簡単に死んでしまう。
人の一生なんて儚いもので、自分でどうこう出来るものでもなくて
明日は何が起きるかわからない。
いつも「何も無い」
だからって「明日も何も無い」とは限らない。
置いて行かれるかもしれない。
帰って来ないかもしれない。
全てが恐怖の対象になった。
一番、居なくならないと思っていた人が


逝ってしまった。


それだけで十分だよ。
今でも置いて行かれるかも知れないって気持ちが居座ってる。
これからも消えないとだろう気持ちが。
あの頃からはいつ死んでも良いと思ってる。
いつ死ぬかなんて解らない。
俺にとって死はとても身近なこと。
自分から死のうとはまだ思わないけど。
寂しくて死んでしまう。
きっと自分には当て嵌まる。

他人が歌うhideの歌。
他人が話すhideの事。

大して感慨は感じなかった。
「追悼」と言われてしまう時点で紅い鳥はもう此処には居ない。
松本 秀人は間違いなくギター少年で職人だって。
パフォーマーでアーティスト。
誰もがスゴイ人「だった」と過去形で話すのは

やっぱり紅い鳥はもう此処には居ないから。




チロリンが言った。

10年経っても20年経っても100年経っても
俺達の中にはhideが居ます。

奴等に言われると重みが違うよな。
一緒に走って、一緒にバカやって、一緒にここまで来たんだから。
その気持ちはこちらも同じ。
どれだけ経とうが、死んでようが生きてようが関係ない。
ただ、もうこうやって皆で一緒に紅い鳥の事を思うイベントには参加しない。
苦手なんだ。
皆で一緒に悲しみましょうって趣旨が。
実際には違うのは良くわかるけど、それでも1人1人憶い方に違いがあって
受け止め方も違う。
参加してくれるアーティストが居るのはとても素晴らしい事だと思うけど
何処かヅレを感じてしまったり、参加者の思いにもヅレを感じてしまう。
何よりショックも大きいんだよ。
命日すら覚えてない人間に、もう何処にも居ない事を突きつけられる場所を与えられるのは

まだ早い段階でこうやって文章に起こせてるのは4日の最後のお陰。
YOSHIKIがやりたかったことがわかった。
だから東京ヤンキースとレディースルーム追加参戦させたんだね。
良いもの見せてもらった。
あの場にHIDEが居たらどんなにか楽しかったろうって思ったけど。
案の定、家に着いたら放心状態で頭おかしかったけどさ。
でも二日間。楽しかった。
10年ぶりに本気でヘドバンしたんで、今も首の座らない赤ちゃんですけど。

次はフランスと香港。
自分の心が耐えられる内は、行ける所まで行こうと思ってます。



ついでに一言言わせてもらう。
此処は俺の日記で書きたい放題書くところだから。

灰色銀貨の方々。
追悼の意味を良く考えろ。
最後まで参加出来ないようなステージングするくらいなら最初からオファーなんて受けるなよ。
やりたいことは自分らのライブでやってくれ。
歌で勝負しりよ。
自分らなりに追悼の意を込めたなんて言うんなら
最後まで居て無敵サミットまで居ろよ。
それが出来ないから終わってすぐに逃げたんだろ。
お前らのお陰で二度と見たくないって思うステージを見せてもらったよ。
途中退場しなくて済んだだけ良いと思え。
あんな不快で不愉快なステージ初めて見た。


スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://hackt.blog41.fc2.com/tb.php/346-8259187a
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。