--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読みたい本が。。。。。

2006年09月19日 23:19

今、手元にはお借りしたGUNDAM SEED と DESTINYがある訳です。
既にSEEDは読み終わった。
で、今はDESTINYを読んでいる。
但し、テレビと平行して読んでるのですぐに終わりそうな気がする。。。。。

そこで、最近物凄く、物凄く読みたいシリーズがあるんですけどね。
それは後筆にて。

活字中毒者なので、本では飽き足らず
ネットのオリジナル小説サイトさんもかなり回って厳選して読んでおります。
鞄の中に本が入っていないと落着かない。
小銭があると何を買う?そりゃぁ~本を買う。
それこそ、漫画、雑誌、辞典、参考書、宗教、妖怪、ミステリー、時代物。
シルバー、ファンタジー、サイコ面白そうなら何でも買う、読む。
ただし、現代モノの推理小説は嫌いです。
赤●●郎とかは苦手。
基本は非現実。
だから本が部屋を埋め尽くす。
棚が軋む、壊れる、やっと古本屋へってサイクルで回ってる。

作り込まれた文章に複雑な背景。
どうでも良い擬音語、使う必要の無い接続詞、稚拙な部分を排除した文章が好き。
シンプルでも遠回しでも良いんです。
その現象、その状況、その登場に必要なプロセスなら例え本の半分以上を
読み進めないと主人公が出て来なくても問題無い。
だから京極先生の手法は本当に気に入ってる。最高に好き。
文章って自分の事は棚に上げて言いますが、センスだと思う。
ここで、この文字を使う。
無理にでも読ませる必要があるのなら、その漢字を当て嵌める。
その「文字」で読む人を引き込む。
文字と文字が連なって文章へ。
文章は人を引き込み、文字の世界が引きずり込む。
行間を読んだり、その文字が作る「世界」を読んでるのが楽しい。
だからその空間を壊す、不必要な言葉の羅列でしかない文章は
読んでいて疲れるし、面白さを感じない。
文じゃない「字」の「集合」でしか無い、そこには意味を見出せない。
頭の中に情景を浮かべながら読むのが面白いのであって、
文章が浮かんでも仕方が無い。
頭に浮かんだ世界をより具現化するのは自分の創造力。
それを助けるのは文章力。

単調で無駄が多い文に多い事だけど。
無理に難しい文章を作ろうとして、全く的外れな文字と言い回しを使ったりしてると
申し訳ないが「頭悪いなぁ~」って思う事がある。
何を効果的に、どこに入れるか。
何処に入れて、どんな効果を狙うか。
それは自分の中にその文章が作る「世界」が明確に見えない限りは
決して作り得ない世界だと思うから。
伏線を張って、効果的に演出。
その効果を狙う為には、描く世界をいかに明確に
登場させる人物をいかに深く創造するか。
それができるのは「書き手」もとい「創造主」


俺が最近読みたくて溜まらないのは、
西尾維新の「戯言シリーズ」
軽く調べただけでも結構面白そうなんだよね。
言葉遊び大好きだからさ。

今月は京極先生の新作も出るし!
ホントに朗読会に行きたいのです!
3年待ったよ、京極堂シリーズ!中禅寺!
ガンダムをそれまでに読み終えたいのですが、残り4册。
電車の中で読み終れるか。

京極先生大好きだから、最優先にしそうでねぇ~。
嬉しいけど。
誕生日を無理矢理祝わせた事を思い出します(笑)



京極好きの人拍手!



スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://hackt.blog41.fc2.com/tb.php/34-c96b94e9
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。