--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アァーーー

2008年02月23日 01:42

人間は分からない。

知る気も無いけど、知りたくもないけど
何を見てきたんだろうと。
そこが俺には問題で。
何を見られてたんだろうかと。

人間なんてどうでも良い。
そこに居るか居ないか。
視界に『入れる』か『入れない』かしか無い。
信用もしない。
入ってる人間は一応、相手をする。
入って無い人間は関心すらない。

自分が思ってる対人間のイメージなんて予想と推測と経験値から出来てるわけだ。

イメージとか印象とかこうだろうとの予測と
付き合ってきた内の経験値と『分かった』風なある意味の固定概念を基にした型に嵌めて、嵌めきれると安心して
嵌めきれないと頭に来たり
不安に成るわけでしょ?

中にはそこに興味を持って漠然としたある意味の固定概念からより正確なモノを『知りたい』と思う人間も居るわけだ。

話す、触れる、恋をする、愛する、仲良くする、
関心を持つ、『興味がある』

方法は何でも構わないけど。

俺の場合、よっぽどの何かが無ければ興味を持たない。
事、対人間に関して。
それが恋愛対象に対するものでも
仕事面でも、友人関係でも
自分の中の何かに触れない限りは。
惹かれなければ絶対に動かない。

だからいつも踏み込まない。
踏み込ませない。

この人間と話したい
この人間を知りたい

そう思う事が殆んど無い。興味がない。

だから誰とでも話せる。
だから誰とも話す気が無い。

内に入れることも入ることもない。

そこに何かを感じない限り。

何かがあれば、勝手に動く。

何かが分かれば知ろうとする気も起きる。

そうなることは非常に稀だけどね。

人間は大嫌い。
何がそんなに偉いんだよ。
地球上のゴミみたいなもんなのに。

言葉があるからいけないのか、心と脳があるからいけないのか。

俺も人間だけどさ。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://hackt.blog41.fc2.com/tb.php/325-0eaf74e3
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。