--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

少々語りましょうか、風の大陸を

2007年08月22日 01:33

ただのオタク話です、ホント。

この風の大陸って、俺が初めて映画館で見て「面白い!」と思った作品なんです。
もともと麻宮騎亜のサイレントメビウスが好きで、その映画をやってるから見たかったのね。
一作目は見てて、二作目の公開だったし。
サイレントメビウスだけ見られたら良いやと思ってたら
一本目が風の大陸。
短いんだろうなぁ~と思ったし、作者も話しも知らんからボケェ~と見てたら
これがまさかのピンポイント!でツボ!!
キャラに、声優にストーリーに大ハマり(笑)
大好きなファンタジー世界で
魔法に呪術に失われた大陸。
それまでって、そんなに大ハマりして長く見てたいって作品も無かったから、すごく新鮮だったって言うか
主人公の性格とか見た目がホントに俺のピンポイントだったんですよ。
今まで好きで居るんだから相当なもんだったよなぁ~と今でも思う。
あの頃にあのハマり様で今まで来てるんだから(^-^;敬語で金髪ロング、オッドアイに柔らかい物腰。
女と見まごうばかりの美貌の美青年魔術師。
でも特殊環境でそだったばかりに世間知らずの超天然。
ただの美形好きって言えばそれまでですが
理想の美形だったんですわな。
映画のパンフを買い、
小説を買い揃え、
ドラマCDが出ると知れば予約し、
映画がビデオ化されれば何度も何度もレンタル
画集も設定集も買ったし
一部コミック化されたモノも購入。
主題歌のCDも買って、
1000ピースパズルも買ったな(笑)
その全てがちゃんとまだ手元にある。
その時ってまだ「コスプレ」って頭が無いから
ティーエをやりたいって「思えなかった」んだよね。なんせ設定で

「月女神(トバじょしん)の化身」

「見るもの全てが声を無くす程の美貌」

「女と見まごうばかりの美しさ」

なんて描かれてたら、おいそれと出来ませんよ(((^_^;)
まず、自分、妖怪ですから。

地味に小説読んで、画集見たり、関連小説読んだり。内容自体は段々、大風呂敷広げすぎて収集つかなくなってきたな。
って感じは否めなくはなってきたし、文章も結構稚拙なんだって事にも年を追う毎に気付いてきたけど
純粋に好きだったから、今まで読み続けて来た。
あんなに世間知らずだった主人公がこんなに成長したんだぁ~
って思ったりとかね。
こっちに来てからコスプレ始めて、
ワタクシ、こう見えてそんなにガクコス以外のコスってやってないんです。
よっぽど気に入らないとやらないし、アニメとか小説とかゲームキャラって髪色おかしいから、
ヅラじゃないと出来ないものが多いでしょ?
それがネックでやりたくないってのもあって。
ティーエもその頃から絶対にやりたい!とは思っても、「髪の長さが足りない」「美形過ぎる!」
って言う俺の中で譲れなかった部分がありましてね。半ヅラでやろうにも自毛と色が合わなかったり
時期的に楽さんのツアーだったり
やるなら杖も欲しい!
でも作れないし、お金も無い。
色々やりたくても出来なかったり気が乗らなかったりで
ずぅ~と延び延びにしてたんです。

で、最近「エクステ」ってモノがあるじゃないか!と気付き
杖を作ってくれる友人も、別キャラで合わせてくれる相方も居る。
メイクで誤魔化す!ってスキルも付いた(最低)
一番大きいのは、俺にこのキャラの衣装を作れるだけの技術があるって事。
衣装が定まって無いから、どれ作るかは俺の自由。
でも手は抜きたくない。
一番王道で、尚且つ自分が一番好きなデザイン。
そうすると、やっぱり一番思い入れのある映画の衣装を基本にしたくて
今回のチョイスになった次第。

一番好きな作品だけに気合いの入れ方も違うみたいです(笑)
イメージ通りのものが出来そうだし。

これから始めるのが楽しみに。
あとは小物を揃えれば、買う物無し。
設定上、今回のシルバー使えないんです。
ティーエ氏、ゴールドの物しか身に付けてないのよね。
この人の仕える神の金属は金。
シルバーって言うかプラチナは別の神様の金属だから使えない。
なので地味に装飾品探しとサンダル探しします。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://hackt.blog41.fc2.com/tb.php/213-e8a8b4ec
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。