--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

背負子制作①

2015年02月04日 22:13

B9AF3Q1IQAAi3TD.jpg

やっと重い腰を上げて蟲師のギンコの背負子を作りが出しました。
コス衣装作る時は大物から作り始めるワタクシ。
衣装から先にすると、力尽きて造形する体力が残らない事が多々あるので(^_^;;

今回は四角い箱なんで何とかなりそうですが、精度を上げて作らないと
歪になる。。。。。。
取り敢えず自分のサイズに合わせて厚紙で仮組してみたら
思いの外小さくてビックリ。
やっぱギンコって逸れなりに大柄なんだろうなぁ〜なんて思いつつ。

前時代的なランドセルを作っている気分になります。
強度考えて外枠は木で組んで、初めての日曜大工ですよww
我こそは暇だ手伝ってやるよと言う、大工さん!そこの大工さん!
釘打ちすらマトモに出来ないワタクシに愛の手を!!!!!

今回は調子にのって隠し釘なんぞ使ってみようと思います。
問題は蝶番。
外側に出さない様に付けないと折角の古めかしい時代物の作品が台無しになるので
どうしようか困ってます。
平ウチの釘で止めて上から塗装するのがベターかな。
サイズ感の問題で中の引き出しは本来15個なんですが11個に減らしました。
だって小さくなり過ぎて巻物とか、盃とか入らなくなるんだもん!!
巻物も作りたいし、乳鉢も入れたいし、後期の入ってる坂便も入れたいけどサイズがどうかなぁ〜

今回はウレタンと木材のコラボにします。
造形で師と崇めている某女史にもアドヴァイスを頂きましたし
初めての日曜大工(笑)
木の加工はサイズに切り出してもらって自分で組み上げる方法でやろうと思います。
俺、木を寸法通りに切るのが本当に下手なので。。。。。。

後は木材の軽さの問題だな。
あまりに重いと苦行にしかならないので。
寒くて動きが悪かったんですが、出来れば、実現が出来れば
春夏秋冬の蟲師を1年かけて撮ってみたいって考えています。
本にするかは決めてませんが上手く出来ればソレも良いかなって。
まぁ〜流行廃りがありますから売る事はあんまり考えてないんですけどね。

どうしても広島のロケーションで蟲師の撮影がしたいと思ってるので
上手く行けば良いなぁ〜と。
ハンズ行って木材の感じ見て、イメージ通りだったら加工のオーダーしてしまおう。
色も加工したいし。

俄然やる気が出て来た王子でした。
ほぼノーメイクでやる事になるギンコにご期待!(笑)
カメラマンさん、宜しくお願い致します!
ロケーションに掛かっている!
そして自分オ体型を何とか増量しなくては(コレガ一番の問題。。。。。。)


拍手、いつもありがとうございます。
嬉しいです。




スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。