--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

安らかに。。。。

2014年02月12日 01:46

実は先日、父方の伯母が亡くなりました。
昨年から末期癌で長くは無いと言われていました。
伯母も自分の死期が近い事を知っていて、独り身だし、誰にも迷惑を掛けたくは無い。
そう思っていたようですが、亡くなった後の相続だとかお葬式だとか
そう言ったものを全て7人兄弟で最後に残った男兄弟の父に託したそうで
告別式も密葬で、喪主も一応父でしたが親戚、兄弟一同としてひっそり行いました。

正直、俺は具合が悪くなってからしか接点がありません。
兄弟間でどんないざこざがあったのかは知りませんし、知る気もありませんが
あまり会う機会の無い伯母でした。
特養に入ってから何度か会いに行って、ちょっとづつお話して
「お前が一番欲が無いよ、皆良いのは持ってかれちゃったけど着物があるから持って行きな」って。
頂いて来たし、物が欲しいと言うより最後迄、寂しい思いをしなければ良いなって思ってました。

亡くなったのは家の用事で俺が家に帰った日の深夜。
呼んでくれればいい物を、ウチの両親も同席せず病院で息を引き取ったそうです。
着たい着物を来て柩に入った伯母は、生前と変わらぬ顔でそこに居ました。

来月には納骨で始めて代々のお墓に行きます。
俺、行った事も無ければ何処にあるのかも知れなかったんです。
どうもウチのお墓だけで4つも別地域に点在してあるそうで。
どんな理由か知りませんけどね。
聞いたら兄弟間のイザコザが垣間見えて嫌になったのもあるけど。

火葬されてすぐのお骨を確認にも行きました。
抗がん剤の影響も受けず綺麗な真っ白い骨がブスブスと音を立てて、伯母だった物になっていた。
人って最後はこうなるんだなってしみじみ思いました。

もう少しお家にお骨があるうちに会いに行こうと思います。


サチコおばちゃん、ゆっくり休んでね。
また会いに行きます。

これから父と相続に関するアレやコレやがあるんで、関係各所に貢いでいた
今年のバレンタインはちょっとお休みします。
ごめんなさい。







スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。