--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最近の鬱々

2013年12月16日 00:38

gc336.jpg

この写真の頃に比べると大分髪も伸びまして
やっとこさ、涯と同じくらいになったんじゃないかと。
新年早々に撮影なので、楽しみであります。
マナといちゃいちゃして来るよ。捏造だけど、俺の中の勝手なイメージだから良いんです!
涯のコートは思い入れもあるし、凄く好きなキャラ。
出来る限りやって行きたい。
白よりもノーマルの方が好きです。

はいこんばんわ。
絶賛やる気スイッチ迷子の王子です。

仕事が忙しいのか、指導する側がキツいのか解らんくなってきた今日このごろ。
前に友達が「仕事がキツいのは良いけど、ツライのは嫌です」って言ってたのが
なぁ〜んか解る気がしております。
で、今日は気分転換しようとまりあ嬢をお呼び立てし
エヴァと日本刀展行って来ました。

体調は絶賛不調ですが、お家に引き蘢ってるのもそろそろヤバいなと思った次第。
大人の本気の遊びを堪能して参りました。
ロンギヌスの槍を手動で作る。
しかも作ってるのが正真正銘の刀鍛冶。
面白く無い訳が無い。

でもねぇ〜、毎回、毎回カヲルくんてホントに良い所持ってくよなぁ〜
今回の展示でも、カヲルくんモチーフの刀が一番美しかった。。。。。
意匠も細工も色合いも一番、頭に残ってるくらいに素敵でしたよ、ホント。

刀の変遷も見られて面白かった。
戦国時代は厚みのある、片手で振れるけど重みで切る事に重点の置かれた短い仕様。
それが段々戦乱の世では無くなるにつれ、装飾的な細身で洗練された形と長さになって行く。
鍔のデザインも本当に綺麗で、一体どうすればあんなに細かい物が作れるのか不思議でしたわ、マジで。

刀夫々にも使ってる素材によって出てる模様も違うし、積層して作ってる物もあれば
混ぜ物してる物もあって、それによる文様の出方がとても不思議。
色の無い津軽塗を見てる様な感じだったり、螺鈿の様に層になっていたり。
あれは魅入られるだろうなとちょっと思った。

展示自体は12月23日まで開催されてますので、お時間ある方是非ご来場下さい。
刀匠の本気で作るプログレッシブナイフだとか、ロンギヌスの槍が見られます。
その発想が凄いと思うわ。




拍手、ありがとうございます。
大分心が折れているので、喝を入れて頂けると有り難いです。


スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。