--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自分を追い込む為に 立体機動制作記録

2013年04月22日 00:01

間に合わない、間に合わない行ってるので更に画像も上げて
見る度に「ココマデしか終わってない。。。。。」と自分を追い込む為の備忘録です。
参考に何ぞならないと思いますので、適当に見て下さい。
問い合わせがありましたらお気軽にツイッタからでも拍手からでもなさって下さい。
適当に作ってるのでお応え出来る事が少ないとは思いますが.......

1.樽を作る。
準備するもの。
・ボール紙の筒(ウチに合ったワインケースを代用、意外と強度があります)
・5mmのウレタン
・合皮
・Gボンド
・アルミ板(コレは俺の趣味なので必要無いです)
・サイズに合ったボルト

taru2.jpeg

ワインケースを背中のサイズに合わせて切り出します。
その上にシルバーの合皮を貼り込んだウレタン5mmを巻き付けます。
左右の開いてる部分に蓋のサイズに合わせてアルミを切り出して嵌め込みます。
ウレタンで蓋の上の装飾を切り出して、下処理してアルミスプレーで塗装した物を貼り込みます。
後はライオンボード2mmに合皮を巻いたものを装飾として中心部分に2本巻き付け、
端に5mmのウレタンに合皮を貼り込んだ物を挟み込んで一番上にアルミ板を置いてボルトで締めました。
ファンは2mmのライオンボードを形に切って合皮を貼り込み、
マジックの蓋をシルバーに塗装した物を芯にして作りました。
嵌め込むだけなのでラクです。

2.連結部分
必要なのかどうなのか、原作見ても付いてなかったりするので
無くても良いのかも(^_^;;
適当に形変えてみました。
purag.jpeg


3.樽が付いてる硬そうなベルト(?)部分
・100均でバケツ買って来て持ち手を分解して、プラサフ吹いてシルバーに塗装しました。
 ボルトが通る部分に力技で穴開けてます。
サイズがあると思うので使うならご自分に合ったサイズを見つけて下さい。
無くても良いと思います。(ベルトに直接付けるって手もありますので。)

4.ワイヤー
ワイヤーが出て来る部分は、自分の体のサイズに合わせて切り出し
茶色の合皮を貼り込みました。
装飾は2mmのライオンボードにシルバーの合皮を貼り込んだ物を付けています。
ブレードの塩ビ線が刺さる所は自転車のバルブ差し込んでます。
コレ、ソレっぽく見えて中々に良いパーツです。
100均一で売ってます。

5.排煙口?
家にあった連結部品(100均の)に軽量紙粘土で整形してサフふいて塗装してます。

まだ全部を組み上げられないので取り敢えずはこんな感じ

taru1jpeg.jpeg

スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。