--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鋼って来た!!!

2011年07月08日 23:17

dt46.jpg

全っっっ然!!鋼と関係ねぇ~。木内繋がりってことで。

鋼、行って来たぁ!!!!
発表直後から楽しみにしてたんだけど、楽しかったです。
木内さん見ながら、「あ、黒だ」とずぅと思っておりました。

鋼はキャラがどうこうと言うよりも、「ストーリー性」と「キレのある動き」
を最重要視してる作品なので、どんな動きで戦闘シーンが出るのか物凄く楽しみだった訳です。
ホントにねえ~、あのテンポと絶妙のタイミングで相手の攻撃避ける所とか
物凄くテンション上がるんです(笑)
動きに「重さ」があるんだよね。
ただ避けてるだけでも、身軽だなって感じだけじゃない。
当たると痛いだろうなって、痛みが伝わって来る感じ。
そこがホントに好きなの!
スタイリッシュな戦い方してない所も好き。

ストーリー性はシャンバラの遥か上を行くかと(^_^;;
アレはね、あんなに綺麗にアニメが終わった後に、持って来てはいけない内容だと思ってるので。
何故、話を無理に続けて異世界と括り付けたんだと。

今回は、後半に向かってどんどん詰まっては行くけど纏まってると思います。
そこまで畳み掛けなくて良いよ!ってちょっと思う所はアレども
アルは相変わらず「いい子だなぁ~」と思うし
エドは「良い男だなぁ」と思いました。

肝腎の動き。
もう少しエドに男臭い感じと、重みのある動きして欲しかった。
今回、キャラデ変わるし動かし方も違うんだろうなぁ~印象どう変わるんだろうって思ってたんだけど
テレビ版よりも戦闘シーン全体が「軽い」感じがしました。
吹き飛ばされると動きが流れて、どう動いてるのか解らん。
狙ってるのか何なのか、背景の草彅らしいファンタジックでどことなくノスタルジックな
温かい感じと混ざっちゃってるって言うか。
アニメ版と映画版は背景同じなのに、キャラデが違うし
動かし方も違うから、大分印象が違った。
背景の雰囲気と、キャラが上手く調和しちゃってたんかね。
ここ!!!って言う、見せ場(であろう)戦闘シーンが、俺の中では無かった。
うわぁ~~~!!!!カッコいい!!!もう一回見たい!って所が無かったんだよね。
残念。
あんまり長い時間、闘ってる所が無かったからかも知れないけど。
残念。
いつもよりもスマートな闘い方って言うのかね、泥臭さがあんまり感じられなかった。
鋼に関してはスマートに闘う必要無いと思うんですよ。
ボロボロになって、お互い解り合うみたいな所が好きだったりします。
解り合えなくても、闘って気付かせる部分とかね。
エドのあの「◎は◎じゃない(◎の数は言葉の数じゃないですよぉ~~~)」って言葉は、
今回の名言だと勝手に思ってます。


俺、テレビ版のどんどん肩幅が広くなって男の人になってくエドが好きみたいです。
キャラデが変わって軽くショックだったし。
俺みたいに、動きを重要視して見てる人間からすると
物足りないかもしれませんが、全体的に言えば非常に面白いと思います。

キャラに重点おいて見たら、アルが良いよぉ~~~。
あの子は、ホントに良い子だよ。イヤ、マジで。
エドよりも良いよぉ~~~~。

で、なんだか知りませんが、気付いたら映画館から始まったスタンプラリーは
わずか1時間程で全て揃ってしまいました。
最後にメイト行けば良かったよね、と、家に着いてから思いました>神夜さんへ(笑)

今度の休みに、人生二回目の一人で池袋メイトに行って来ます。
はい、喜んでぇ~~~



拍手、WEB拍手ありがとうございます!!!
いつもホントに嬉しいです!










スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。