--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

温度差

2011年05月12日 01:53

cure_11320413.jpg


仙台から戻りまして、時間も経つんですがね
どぉ~~~しても、東京と東北の温度差に違和感を感じでならないんですわ。
余震も大分関東では落ちついて来てしまったから
「終わった」的な雰囲気なんだよね。
電車も動くし、買い難かった食料も買える様になってきてるし
テレビの報道はほぼ「震災バラエティー」みたいでしょ?
ネタにされてる様な感すらある。

ホントに思うんだけど、ACのCMでボランティアに出よう!的な事やってくれんかね。
ACじゃなくても良いからそう言うCMとか報道なんでしないんだろ。
ボランティアがどんな事してるかも伝えた方が良いと思うんだけど
「どう言う手順で災害ボランティアに出るか」って言うのはやって欲しいと思う。
その手順が解らんで行くか迷う人も多いと思うんだよね。

学生がボランティアに出る「ドキュメンタリー」なんてどうでも良いのよ。
何を買って準備して、活動中にどんな心の葛藤があって云々なんてどうでも良いと思うの。
そんなの行けば分かる話だし、これ見よがしに「こんなに大変!」なんて伝える必要が無い。
ボランティアしてる人は、大なり小なり確実に葛藤しながら活動してます。
でもそんな葛藤なんて、現地の、その場に住んでる人達の気持ちなんて比べようも無い小さな物

それならば、行くにあたってまずは自分の住んでる地域の社会福祉協議会でボランティア保険(災害型)に入る。
行く場所のボランティアセンターの場所を確認する。
そこまでの足と、宿泊地を確保する。
現地の情報を、ネットや個人のブログ等で探して確認する。
必要なら既にボランティアに出てる人に状況の確認をする。
地域のボラセンのサイトに書いてある事を良く確認して、
無闇矢鱈にボランティアセンターに連絡しない。

そう言う事を伝えて欲しい。
人力に頼らざる得ないんだから、テレビで募集掛けても良いと思うんだ。
GWも終わってボランティアの人数自体、激減してます。だから尚の事。
一番大変なのは被災地で生活してる人達なんだから。
現状として、お金がないとか、時間が無いとか、仕事が休めないとか、体力が無いとか
精神的なショックが心配とか、行けない理由を探してる人が凄く多いと感じる。
体力無いなんて理由に成らんのはおれが証明済みです。
体力に自信が無いなら、自分の体力に見合った日数を自分でちゃんと考えて出れば良い話。
被災者さん達の中には高齢のお年寄りだっています。
皆、自分達の家の瓦礫は自分達で撤去します。
80歳過ぎたおばあちゃまよりも、自分のが体力無いと思いますか?
精神的なショックなんて、被災地の方々はそこで「生活」してるんです。
1日しか行けないし。。。。って思ってる人も多いみたいだけど
そう思ってる人がその「1日」出ただけで、一軒のお家の瓦礫は片付きます。
瓦礫撤去に3年掛かると言われてるけれども、その1日出ただけで1095日が
1094日で終わるかも知れない、1000日に成るかも知れない。

ボラセン行くと、登録表に名前とか来た場所とか書くんだけど
どれも関東、関西の地名ばかり。
近県や市内からのボランティアは少ない。
近い人はもっと現状を見るべきだと思うし、遠くに居るから行けない理由を探す必要も無い。

周りの話を聞いてると、東北にお世話になった人が居るとか、会社が有るとか
親戚が居るとか、家族が居るとか、何らかの「関わり」が無いと行けないって思うみたいですね。
俺もそうだから、解らんでも無いけど。
ただね、この関東と東北の「温度差」が俺にはとても違和感なんです。
可哀想だね、大変だねって守られてる場所から言うんなら現場に行け、働けと思ってしまう。
コレから先もまだまだ続きます。
継続して義援金も必要です。継続してまだまだボランティアも必要です。
まだ何も終わっていません。
終わらせちゃいけない。

いかがでしょう?出てみませんか?
俺は来月また行きます。








スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。